nav

生理周期の終わりに褐色の出血があり、性交後に出血がある

生理周期が残っている時や子宮頸柱上皮異位がある場合、または膣炎などの病気が原因である場合、褐色の分泌物が出てから性行為を行い、出血することがあります。具体的な原因を確認し、原因に合わせた治療を行うことをお勧めします。

1.生理期がまだ終わっていない場合

女性の正常な生理周期は3〜7日です。生理期がまだ終わっていない場合に性行為を行った場合、刺激を受けて同房後に出血することがあります。他の不快な症状がない場合は、局所の清潔を保ち、短期間内に再度性交しないようにするだけで十分です。

2.子宮頸柱上皮異位

子宮頸柱上皮異位がある場合、生理期後に性行為をした場合、子宮頸部が刺激を受けるため、同房後に出血することがあります。他の症状がない場合は、特別な治療は必要ありませんが、注意深く観察することが必要です。

3.膣炎

膣に炎症がある場合、膣粘膜に傷を負わせ、潰瘍を引き起こすことがあり、生理期中に褐色の分泌物が出ることがあります。同房後に膣に刺激を与え、出血することがあります。この場合、医師の指導の下、関連する検査を行い、どのような炎症があるか明確にする必要があります。例えば、トリコモナス膣炎の場合、メトロニダゾール、チノキサン、クラリスロマイシンなどの薬を使用して治療することができます。

上記の原因以外にも、稀に子宮内感染、子宮内膜炎などの病気が原因である場合があり、さらなる検査が必要です。

質問する知識人 » 生理周期の終わりに褐色の出血があり、性交後に出血がある

関連記事

コメント